上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログの新投稿画面で記事を書いて保存したら、なぜか丸ごと消えていた。また消えたらガックリなので今度は旧投稿画面で書いてるんだけど「旧」ってのがなんかイヤだな~w
せっかくこれからは本読みの感想をマメにアップしようと思ってたところなのにさ(ホント!?)

楽園にようこそ 楽園にようこそ
高橋 克彦 (2007/09)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る

もともと高橋克彦氏の本はダンナさんが熱心な読者だったことから読み始めたんだよね…今でも彼の本だなには「写楽殺人事件」をはじめとする単行本が多く並んでます。「炎立つ」のあとぐらいから私はだんだんに女性作家の本を多く読むようになっていっちゃったんだけど、時々エッセイ「玉子魔人の日常」なんか借りたりして読んでました。

今回の「楽園にようこそ」も作者の出身地・岩手に関する愛に溢れたエピソードやちょっとゾクッとする怖い話等など満載で岩手ファンには嬉しかったし、亡くなった杉浦日向子さんに寄せた章もよかったです。ずいぶん前からあちこちに掲載されたものをまとめたらしく、とても濃い内容で読み応えのある一冊でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。