上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また本の感想がたまってしまいました。最近は図書館で借りることが8割方…という私のリアル本だなで一番多い著者はおそらくこの人・田辺聖子さんだと思います。結婚前に勤めていた某自動車部品メーカーで受付にいたんですが、そこが暇な部署で上司の目が遠かったため来客の途絶える時間は本ばかり読んでいたのです。その頃一番買ってたのが田辺さんの文庫、彼女の本は色んな分野のものがあって飽きなかったんですよね。この「まいにち薔薇いろ」は全編が田辺聖子ワールド、作品の多さにビックリしつつ、懐かしさがいっぱいに広がりました。物置きからゴソゴソ田辺本を見つけて読み返したい気分が高まっています。

「まいにち薔薇いろ 田辺聖子A to Z」

まいにち薔薇いろ 田辺聖子A to Z まいにち薔薇いろ 田辺聖子A to Z
田辺 聖子 (2006/12)
集英社
この商品の詳細を見る



その他、最近読んだ本

「駆け込み、セーフ?」酒井順子

駆け込み、セーフ? 駆け込み、セーフ?
酒井 順子 (2007/02/09)
講談社
この商品の詳細を見る


「彼女の部屋」藤野千夜

彼女の部屋 彼女の部屋
藤野 千夜 (2003/10)
講談社
この商品の詳細を見る


「さよなら、日だまり」平田俊子

さよなら、日だまり さよなら、日だまり
平田 俊子 (2007/07)
集英社
この商品の詳細を見る


「オトナの片思い」石田衣良ほか

オトナの片思い オトナの片思い
石田 衣良 (2007/08)
角川春樹事務所
この商品の詳細を見る



「母のレシピノートから」伊藤まさこ

母のレシピノートから (講談社の実用BOOK) 母のレシピノートから (講談社の実用BOOK)
伊藤 まさこ (2006/09/22)
講談社
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007.10.29 禁煙席
昨日はライブへ行ってきました。ファン友のSちゃん、実は今まで喫煙者だったのですが、夏の終わり頃からタバコをやめていたので昨日は初の禁煙席でお茶をすることに。前は禁煙席のほうが空いていることが多かったような気がするけど、最近はどのお店に行っても逆な気がします。それでもちょっと新鮮な気分なのでした。

ライブはいつも演奏しないような曲を引っ張り出してきてくれたので「この曲なんだっけ?」と思う瞬間がしばしば(苦笑)・・・ほぼ毎回足を運んでるファンにとっては嬉しい傾向でした。これで椅子席のライブだったら言うことナシなんだけどな~(ムリ?)
2007.10.26 いい香り~
先日、妹たちと某大型ショッピングモールへ行って来ました。

皆んな仕事を持っているのでなかなか一緒に出かける機会がなく、久しぶりでしたが楽しかったです。到着してまずは腹ごしらえ(笑)ってことで向かったのは和食ビュッフェ「野の葡萄」。最近、この手のお店が増えてて嬉しい限り。ここは初めてでしたが制覇できないほど種類が豊富で満足でした、何より時間制限がないところがいいんですよね。

お腹がパンパンになったところでグルグルお店めぐり。婦人服、雑貨、靴など見ているとアッという間に2時間以上過ぎてました。お腹はあまり減らないけど喉が渇いたってことで店員さんが歌いながら作ってくれる「コールド・ストーンクリーミー」でアイスクリームを食べて帰りました、アイスはもちろんワッフルボールがまた美味しいんだね♪

夜、お風呂あがりに「ザ・ボディショップ」で買って来たボディバター(グレープフルーツの香り)を付けて寝たらめちゃくちゃいい香りだった~!しばらくは癖になってしまうかも。

DSC01612.jpg

コンビニへ行くたび、パッケージの可愛さもあってず~っと気になってたふりかけをついに買ってみました。その名は丸美屋の洋風ふりかけ「チズハム」。食べてみると粉チーズに塩で味をつけたような確かに洋風な味。復刻版らしいけれど私の記憶にはありません。子供のころはチーズが大嫌いだったので、もし食卓にあったとしても絶対に食べなかったはず。このチズハムにはエイトマンのフィギュアがついていますが、こちらもあまり思い出がないのでダンナさんに無理やりプレゼントしました。

071015.gif

二胡のソロ発表会、無事に終わりました。細かいことを言えばキリがないけれど、どうにか間違えないで弾けたので勝手に花マルということにしときます。しかしホッとしたのも束の間、個人レッスンのほうの課題曲と、冬にある発表会(こちらは数名で弾きます)に向けての準備にすぐ入らないといけません・・・なんだか忙しいなぁ、結局楽しいんだからいいんだけどね。

そういえばこの秋の新ドラマ、何があろうと絶対に次回も見たい!と思ったのは今のところ「働きマン」「ジョシデカ!」の2本。復活版の「働きマン占い」とやらをやってみたら私は元祖働きマン・松方弘子タイプ(;゚⊿゚)。お姫さマンがよかったのになぁ(笑)
しばらく遠ざかってたうそこメーカーにカレンダーメーカーが仲間入りしたんですね。さっそくハンドルネームで試してみたら、なかなか楽しそうな1ヵ月でした。もちろん、実際はもっと地味なんですけどね・・・w



2007.10.18 当選っ☆
二胡の演奏会が近づいてきて、練習に明け暮れてました。というのは嘘ですが、会が近いのは本当のはなし。今回のは全員がソロ、終わったらホッとするんだろうなぁ・・・

大きい荷物が宅配されてきたので、なんだろう?と思って開けてみたら、この夏JRAでやってたポイントキャンペーンのプレゼントが当選していました。商品はAが電動自転車、Bがジャンバーでしたがどちらも要らないのでCのトースターに応募してたんです。ふだん、あまり食パンて食べないんだけど、絵の可愛さにつられてつい焼いてみたくなります。

DSC00290.jpg

松井今朝子「家、家にあらず」
同心の娘・瑞江は、亡き母方の伯母が役職についている砥部家の奥御殿に勤め不可解な事件に遭遇、いきさつを調べ始めます。長編の時代物ミステリー、大奥好きな方はすんなり入れることと思います。

家、家にあらず 家、家にあらず
松井 今朝子 (2005/04)
集英社
この商品の詳細を見る


小川洋子「夜明けの縁をさ迷う人々」
「…最近になって作家の役割というのはいま生きている人々の最後尾を歩きながら、言いたいことがあったのに死んでいった人たちの忘れ物を拾って物語にすることではないかと思うようになった」と以前話されていた小川さんの言葉を思い出させるような、どちらかというと癒し系というより怖くて残酷な話が多い短編集。「博士の愛した数式」でファンになった人があの世界観を期待して読むと「?」て感じかも・・・

夜明けの縁をさ迷う人々 夜明けの縁をさ迷う人々
小川 洋子 (2007/09)
角川書店
この商品の詳細を見る
2007.10.12 ブーティ
この秋冬のブーツはブーティとやらが主流らしいね。雑誌やテレビなんかでも確かによく見かけるけど、くるぶしまでの長さなので背が低いとバランス取るのが難しそう・・・ネットであれこれ見てると、↓みたいな折り返せるタイプだったら便利そうだし履きやすそうな気もする・・・
でもおニューな二胡も欲しいし、やっぱ今あるヤツで我慢しようかな。うーん、迷う。

img55275985.jpg

気になってた映画「幸せのレシピ」を観に。休日ってこともあって場内はほぼ満席でした。厨房で料理中のシーンが多いし、空腹で行くとほんとヤバイ映画ですw。後味がよくて、私的にはかなり好き。姪っ子ゾーイ役の子がすごく可愛かった~


2007.10.05 優勝セール
二胡のレッスンへ出かけたついでに、ジャイアンツ優勝記念セールに寄ってみたんだけど人ばかり多くて思ったような物はゲットできなかった・・・思えばいつもこの手のセールは空振りが多い私、でも行ってみたくなるんだよねw

写真はエクセルシオールで飲んだ豆乳ロイヤルミルクティーのアイス。普通のミルクのほうが味的には美味。飲み物はホットに限ると思ってたけどこの夏は唇荒れのおかげ(?)でずいぶん冷たいのも飲めるようになった。

20071005232451.jpg

2007.10.04 最近読んだ本
「吉原手引草」松井今朝子
第137回直木賞受賞作、やっと図書館の順番が回ってきました。吉原一の花魁葛城が忽然と姿を消し…その謎を解き明かすべく吉原に足を踏み入れた一人の男が、引手茶屋の内儀、妓楼の見世番や番頭、遣手など花魁を取り巻く人々から話を聞く形で物語は進むんですが、少~しずつ核心に近づかせていく巧みさに思わず唸りながら読んでしまいました。

吉原手引草 吉原手引草
松井 今朝子 (2007/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


「銀色ナイフ」 銀色夏生
辛口満載のエッセィ、帯にも書いてましたが確かに分厚いです。個人的に俳優の保坂Nさんについて感じたことが一緒で深く頷いてました。

銀色ナイフ (角川文庫 き 9-64) 銀色ナイフ (角川文庫 き 9-64)
銀色 夏生 (2007/09)
角川書店
この商品の詳細を見る



「レインツリーの国」有川浩
ある本について書かれたサイトの感想に共感して、管理人の女性にメールを送ったのをきっかけに「会ってみたい」と希望する男性とそれを拒む女性の恋の行方。

レインツリーの国 レインツリーの国
有川 浩 (2006/09/28)
新潮社
この商品の詳細を見る



「その向こう側」野中柊
シングルマザーの母と2人暮らしの大学生・鈴子をめぐる物語。野中さんの小説にはおいしそうなたくさんの料理がでてきます、それが目当てか、自分?と思ってしまうほどにいちいち反応しつつ完読(笑)
その向こう側 その向こう側
野中 柊 (2007/08)
光文社
この商品の詳細を見る



「誰もわたしを愛さない」樋口有介
柚木草平シリーズ第6弾。でも実はシリーズ第4弾なのだそう・・・文庫化にあたって諸事情があり6番目になったとのこと。確かにパソコン全盛の時代にワープロやファックスが大活躍していて少々違和感は感じたかも。草平の担当編集者に小高直海という女性が新登場して今後の展開も楽しみ。

誰もわたしを愛さない (創元推理文庫 M ひ 3-8) 誰もわたしを愛さない (創元推理文庫 M ひ 3-8)
樋口 有介 (2007/09/11)
東京創元社
この商品の詳細を見る
2007.10.03 最近観た映画
アップが遅れましたが先週のはじめに「めがね」を観ました。今回も食事のシーンはめちゃくちゃおいしそうで、加えてあすぎ入り「サクラさんのかき氷」にもそそられました。暑い日に観たので帰り道、何度あのかき氷を思い出したことか(笑)

劇場に貼られたチラシには「かもめ食堂の感動をふたたび!」みたいなことが書いてあったけど、どちらの映画もすっごい感動ってのじゃないんだよねぇ…感動というよりは波動というか、癒しというか。。。

余談ながら「めがね」に出てくる島にあるもう一つのホテル、マリンパレスの撮影はココを使ったもよう。与論島を調べていて遭遇w

megane_1_1a.jpg

この3日間(9月28~30日)は地元のお祭りで忙殺されていました。お天気は今いちでしたがお客さんは例年通り多くて、嫁たちはひたすらドタバタ奮闘するしかありません~

一番お客さんの多い最終日、鶏のから揚げだけで8キロ。。。前日に漬けこんでおき、朝いちでザルにあげよ~く水分を切り、片栗粉をまぶして揚げること延々4時間(腰痛ぃ~
みりんさんのから揚げはおいしいとおだてられて今年も頑張りましたw

早く終わって欲しいと思っていたけど、終わってしまうとちょっと寂しい秋祭りです。

うぅ~多い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。