上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三響会(新橋演舞場)へ行ってきました。

「三響会」ってたまに聞くけど何?と思って調べたら、能楽師・葛野流大鼓方の亀井広忠、歌舞伎囃子方・田中傳左衛門、田中傳次郎の三兄弟による会で能と歌舞伎の両方を熟知する3人が、それぞれの良さを知ってもらおうと始めたのだそう。太鼓、鳴り物、歌舞伎、能のコラボレーションといった感じのそれはそれは楽しい舞台でした。

はじめの囃子競演に続いて七之助くんのあでやかな「藤娘」を堪能したあとは歌舞伎の「安達原」と能の「安達原」を続いて上演、こういう試みは他ではなかなか観られないので、渋い演目だけどわかりやすかったし面白かったです。歌舞伎のほうは段四郎さんと亀治郎さんが熱演していて、能では萬斎さんが活躍されてました。

萬斎さんを生で観たのは初めてで感激、昨年の三響会はテレビでも一部が放送されたので今年もあるといいな~

DSC00972.jpg

 
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。